iPhoneアプリを多くの環境で公開する

iPhoneアプリの開発ではOSのバージョンを選べます。
多くのアプリではIOS8、IOS7を選ぶ場合が多いようです。


IOS7や8を選ぶ理由としてはiPhone4以前をサポートするかどうかだと言われています。
6や6Plusに比べて3Gや3GSはハードウエア的にかなりの差があります。

しかも、販売からかなりの年数が経っていることもあり、多くのユーザーが買い替えていると考えられています。そのため、レティナ対応していない端末を対象外とするかどうかの判断でOSを選ぶ方が増えているようです。



iPhoneの場合、4、4Sでレティナ化されましたが、画面は320x480のままです。



しかし、主流となっている5や5Sを考慮するとレティナを対象外とするほうがアプリでできることが増えてくると考えられます。


ユーザー数としても4のレティナ以上と考えれば大多数が対象となると考えられます。ただし、320x480の画面でも十分楽しいアプリも作れますので特にゲーム系の場合は古いOSから対象とするアプリも多いようです。

作るアプリの画面をどうするかをよく検討しながらの作成となります。

また、OSは古いバージョンから対応させた場合に注意したいのがメモリ量です。


古い端末はメモリ量が少ないため、最新OSを入れるとOSだけでかなりのメモリを使ってしまうことが多く、アプリで使うメモリが少ない場合もあります。



可能な限り実機でのテストが大切になります。