iPhoneを接続出来るコンポシステムの導入

音楽の音声コーデックは常に進化を続けており、現在ではロスレスコーデックが人気になっています。
ロスレスコーデックは、MP3やAACなどの非可逆圧縮の音声コーデックと違って、ある音域を削除するわけではありませんので、音質を保つ事が出来ます。



iPhoneでも、ロスレスコーデックで作成した音楽ファイルを使えるようになっていますので、生演奏に限りなく近い音源を聴く事が可能になっています。

しかし、iPhoneのスピーカーでは、この音楽ファイルを活かすには性能が不十分です。


そこで、役立つのがiPhoneを接続出来るコンポシステムです。


このコンポにiPhoneを接続する事で、端末に入れている音楽ファイルをコンポシステムを通して再生でき、高音質で楽しめます。アンプ回路などが高性能なモデルであれば、重低音や高音域の再生が確実に出来ますので、音の劣化を感じる場面が極めて少なくなります。色々なジャンルの音楽をコンポで楽しめますので、外出先でも家でも音楽を楽しめます。



外出先でもロスレスコーデックで作成された音楽ファイルを高音質で再生するには、高性能な電子回路が搭載されているヘッドフォンを使うのが良いです。

ヘッドホンは、音楽プレーヤー用の物を使う事が出来ますので、ユーザーのお気に入りのデザインや性能のヘッドフォンをiPhoneに接続して使えば、外出先でも高音質で音楽再生を行えます。音楽の楽しみ方は、人それぞれですので、ユーザーの好みの方法を採用するのが良いでしょう。